Archivi categoria: Japanese

情報: キリストとジアンクロウデ:” フローティングピェルス” - イセオ湖のにプロジェクト

 

wpid-it.png   wpid-gb.png   wpid-cn.png   wpid-de.png   wpid-fr.png    wpid-jp

 

イセオ湖のキリストの芸術プロジェクトの一意性は, イセオ湖の顔を変更します、以下の点に要約されますː

  • 6月18日から7月3日2016年まで開けます
  • 24時間に開きます。夜に照らします
  • 完全に無料
  • フローティングピェルスは3キロ長いで、16 メーター大きいで、中央8メーターに訪問者は歩くできます。
  • フローティングピェルスはスルツァーノからモンテイソラに行きます、島はペスキェラからとセンソレまでに続いて,ここでふたつ枝をサンパオロプライベート島へ行きます。

Image_001特殊性のパスは水に歩くの気持ちで(波の動き以下に構造が移動します), では快適な靴をお勧めしますよ。

ルートは、集会の二つの正方形で開始します、ここで黄色の生地をロールアウトします, スルツァーノの旧市街から海岸まで、カドルナ道までに。

フローティングピェルスは乳母車(障害者)とベビーカーによってまずまずです。

24時間約600の労働者のグループは、セキュリティと救助と人の流れの制御のにの担当者です(電子システムで) 。

Image_002

雨や強風の場合、組織は、セキュリティの理由のでアクセスを終了します。

作品のアクセスはスルツァーノから、ペスキェラからとセンソレからできます。

スルツァーノとペスキェラとセンソレはイセオ湖のナビゲーション会社のボートのポイントをドッキング。島に到着を容易にするために、ボートラインが強化されますː出発の町はサル二コとイセオとピソニェと ロヴェレです。ボートは定期的なシャトルをスルツァーノからペスキェラまでとサレマラシノからカルザノまでやります。

ローカルトラフィックの大きな流動性を可能するのに, スルツァーノで到着が唯一の列車で、または特別なシャトルバスで可能です; ツーリングカーには駐車場がありません。

スルツァーノ交通規制ゾーン: 町の中に車を運転できません. 三アクセスのゲートは、警察によって制御されます:

  • 道S P510 の出口
  • 海岸 (交差点とVia Martiri della Libertà)
  • NK会社 (踏切)

スルツァーノの住人とスルツァーノに労働者と第二の故郷の所有と賃借人だけスルツァーノの交通規制ゾーンに赤いパスで運転できます。この赤いパスは自治体警察に5月15日から頼むできると市役所で拾います。

セキュリティの理由から、自転車や観光自転車の交通を許可するできません. モーターバイクの駐車場はSP510道路の出口で利用できます。

シャトルは、コールでも、スルツァーノの市民のサービスにあります。観光バスは通過できません、屋外駐車場のシャトルだけ入力できます。

ピアッザイタリアでは (駅の前に) 緊急車両と法執行機関と医療者と高度なをあります。

軽食: 軽食は海岸エリアに, 駅のテラスに(フローティングピェルスの近くに), “Oratorio”に, “Palafitte”レストランにとほかの観光地があります。

おトイレと廃棄物の組織: 法的要件に応じて、当該のサービスの増加の計画はあります。関連費用は “The Floating Piers” 協会の費用です。

すべての情報の更新は領土の公式サイトでご利用可能ですwww.iseolake.info エリア ”The Floating Piers”. 仕事上の情報は、アーティストキリストとジアンクロウデの公式サイトでご利用可能です。

イベントの詳細については、スルツァーノの協会のサイトと鉄道のサイトで利用できるwww.prolocosulzano.it, www.trenord.it とイセオ湖のナビゲーション会社のサイトで http://floatingpiers.navigazionelagoiseo.it できます。